クリックしてねっblogram投票ボタン

2010年08月19日

インコのレモンが逝きました

飼ってたインコのレモンが 

優しい顔で息絶えた



ここ半年ずっと具合悪かったから

いつこうなってもおかしくはなかったんだけど

とうとう・・・


インコの介護は初めてだった


ここ最近ずっと雛のように食べさせたり
抱っこしたりしていたの


まずは足がしびれた
立てなくなった
止まり木から落ちて餌箱にもつかまれなくなった

足が折れたのかと思ったら
もっと重体だった

子宮の腫瘍ができて神経を圧迫していたの
足だけでなく
身体全体のマヒがでてきていて
子宮の腫瘍はもう手の施しようがなかった

次第に胃を圧迫して餌をたべなくなっていた


だからホントに介護

元気な時は向こうっ気が強くて怒りんぼで
よく噛むから抱っこなんてできない 
はねっ返りの
お嬢さんだったんだけど

病気になって
信頼して身をまかせて
甘えてくれるレモンに

初めて可愛いとおもえた


餌を食べさせて身体を温めてあげてたら
徐々に元気になって
ちょっと鳴き声もきけた

家族みんなで介護した

暑い夏でも
冷えないように
出かけても帰ったらすぐ水あげたり

みんなで
レモンを気にしてた

でも
そんなにながくは続かなかったよ

子宮が徐々に肥大して
お尻から出てきてしまったの
内臓が日々むき出しになっていくのをみると

今に破裂してしまわないかって
心配でならなかった

血だらけになってないか
苦しんでないかって



でも
レモンは
最期の最期まで
穏やかだったよ


昨夜
私がお布団にそっとのせてあげると
いつものように
身体全体で息をしながら
ふたを閉める私をじっとみてたね

あれが
最期だったんだね



毎朝
ふたを開けてあげると

上を見上げて
抱っこしてもらうのを
まってたのに

今日は
顔をあげたまま
動かなかったレモン



その時が来たんだね

って
動かないレモンを
心穏やかにみて悟ったよ

きっと今
 
今だったんじゃないかって
そうおもえた

だって
目がまだ
コチラの世界の目だったから

そっと
抱いたら
温かかった

やっぱり

今だったんだね

だから
まだコチラの世界にいるレモンに
いっぱいいっぱいありがとうを言ったよ

ありがとう
介護させてくれて

ありがとう
うちの子になってくれて

ありがとう
待っててくれて

ありがとう
ありがとう



表に連れて出た
埋めてあげるために

無情なこの夏の暑さは
すでに腐敗を進めていた

早く埋めてあげよう
家族を待たずに



ドアをあけたその時
夏のまぶしい光がとびこんできた


レモンったら
まぶしい!って
目を細めるんじゃないかって

バカだね
じっと見てみた


でも


その時にはもう
コチラの世界の目じゃなくなっていた



大好きだった
番いのブルーを亡くしてから
一人ぼっちだったレモン


ブルーと同じ場所に埋めてあげたよ

また
仲良く遊んでいるといいな




いるのが当たり前の存在が
突然いなくなる

面倒なことも多い育てや介護
でも必要なくなる事の空虚な想い

いなくなってみて
気がつく事っていっぱいある

後悔ばかり



でも

たぶん

レモンは幸せだったかも

病気になって
家族の温かさに触れあえた

だから
いい顔して逝ったんだよ
そう思っていいよね

ありがとうレモン

さようならレモン

ブルーとレモン.jpgCA506RF0.jpgCA3DBOXP.jpg
posted by オリーブ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。