クリックしてねっblogram投票ボタン

2010年10月20日

次男の成長



今日の野球の試合

全員だすっていったのに

練習の紅白戦でうちの子だけでない・・・

最終回に名前を呼ばれなかった時
一瞬顔が歪んだ

そしていつもの様に1塁コーチャーへ走っていった次男


私みてみないふりした
ママ仲間とのお喋りに夢中のふりした
大声で叫ぶ君の応援の声はずっと聞いていたけど


こういう想いは
今まで何回もしたじゃないこの2年間
それにお兄ちゃんの時だって

でも足の悪い次男がひとりだけ試合にでられない 
紅白戦なのに

…やっぱりきついや


次男自身は監督にアピールしなかったから自分のせいという
それもだね

でも意外と大人の事情って 違うところにある

あとから監督から
うっかり忘れてゴメンと謝られた

現実ってそんなもん

野球が下手でも存在感のある子でいてほしいのに
ショックだった


でも次男には
いい機会だからこう伝えた

今まで君は特別扱いしてもらうことが多かった
だって障害があって可哀相だから
それが居心地よいとさえ感じ当たり前になってた

でも
これは大人になるにはとてもよくない事なんだ

だって大人の世界はそんな優しい環境はあまりない

もう中学生
ましてや勝負の野球の世界
特別扱いの世界じゃないんだよ

当たり前だけど
ただの可哀相な子はださないんだ
努力して結果をだす子が選ばれる

だから
母ちゃんは君に伝えるよ
大事な言葉

《障害があるからこそ 人の2倍努力しなさい》

可哀相だから特別扱いされるのではなく
努力して自分で居場所をもぎ取りなさい

障害に甘えない気持ちもちなさい
君は可哀想な子じゃないんだから


辛い宣告だった


可愛がって可愛がって育て
障害を可哀想がって特別扱いしたのは
何を隠そう私達親だったから

それを今になって突然
障害に甘えるななんて言ってる
勝手だよね

次男はね
なんとなく人と違うのを感じながら10年弱生きてきた

ここ数年でそれが障害であると知り

この1年位でそれを受け止めてる


まだまだ
これからの長い道のりのスタートを切ったばかり



先日こんな事があった
3者面談で進学高校の話をした時の事だ

事前に面談で話す内容を
家庭でレポートにする際に
進学を特別支援高校(旧・養護学校)にしようかと次男に話してみた


実は
次男に初めてこの類の学校の話しをしてみた
ちょっと反応が怖かったのと私自身迷ってたから

だから
内緒で水面化で調べていた資料を見せ
傷つけないように気を使いながら
一生懸命説明した

ふんふんと聞き
自分もそうしたいといってくれたので
内心ホッとした

そして
親子の意見として進学先を特別支援高校にした



翌朝の3者面談
その流れを先生に話した

昨日初めて特別支援学校の話をして
次男も了解したんだと話したら

なぜか先生がキョトンとしてる

あの…
お母さん

実は1ヶ月位前に2者面談があって
本人の希望をきいているんです

その時 既に彼からは
「障害のある子達と一緒の学校に行こうとおもってる」
と 言われてたので
もうご家庭で、すっかりお話し済みなのかと…


え!

胸を射ぬかれたような痛みを感じた

「知ってたの?」
思わず先生の前で次男に素で聞いてしまった

すると次男は
隣でゆっくり微笑んで

「知ってたよ お母さん」


思わず先生の前でハラハラと涙がこぼれた


そうやって障害を受け入れ始めたんだね
知らないうちに少しずつ大人になってる



そう
次は障害と共に生きていく生き方を学ぼう

<障害は利用しろ>でも
<障害に甘えるな>
<障害があるなら人の2倍努力しろ>

そう伝えた

次男にも

自分にも

ファイト!!
チャオ





posted by オリーブ at 03:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリーブさんがんばってくださいね
愛情一番ですね。オリーブさんのように昔のように子供のことを心から思える親が少なくなってきたのかもしれません。子供のためならという度合いも変わってきたような気がします。家族に、周りにどれだけ愛情をもてるか私も遠くでがんばっています

Posted by ribbon at 2010年11月19日 20:31
ribbonさん 温かいコメントありがとう!
毎日試行錯誤しながらですが前に進んでいます。ribbonさんも頑張ってるんだな〜と思ったら、くじけそうな時のりこえられます。でも頑張りすぎないようにしなきゃね
ママの笑顔がなくなったらみんなの笑顔がなくなっちゃうもんね
また よってくださいな
ありがとう❤
Posted by オリーブより返信 at 2010年11月21日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。