クリックしてねっblogram投票ボタン

2007年02月08日

いじめ体験

最近読んだ本は「教室の悪魔」ポプラ社 山脇由貴子さんです。

辛い現実にどっぷり浸りました。題名の通りイジメの実例を挙げたカウンセリング体験本です。
今、教育界も注目の一冊です。
残酷だけど現実。是非読んでみてください。そういえば先日、いじめた側が自殺したね。
その子、かつていじめられていたって。強要があったかわからないけど今度はいじめる側の一人になってしまった皮肉な巡り合わせ。

自分で抱えきれないほどの自責や呵責の念。
正義や矛盾。
いじめないと自分がやられる恐怖やどっちをむいても行き場のない立場への絶望感。

こういう種のイジメはイジメられている側より複雑で悪質だ。そして凄くよくある。
やはりこのパターンで死者がでてしまったかという思いです。

誰かが「つらかったね。誰よりも痛みをわかる経験をしたんだね。その分強くなろう」って声かけができなかったかなあ〜と悔やまれるけど、本にもあるように、やはり親の前では無理にでも明るい子でいたいんだろうな。
気付かせないようにしているんだよね。
かなしいね。

オリーブも昔、ふざけがエスカレートして、仲間のストレス発散のはけ口にされた事があったんだ。『もみじ』って遊びでね。
ブルマー姿の相手の太モモを、平手でおもいっきり叩き、手のひらの形をつける遊び。。。
最初は笑ってやり返したりして楽しんでいたんだけど、何故かオリーブだけ集中攻撃になり、関係がギクシャクしはじめて孤立した。
目立つグループだったからクラスみんなが敵に見えた。
でもやはりグループから抜けたがっていた子が、一緒に給食食べよ!ってそばにいてくれるようになり、オリーブは一人じゃなくなった。
ありがたかった。

でも、ふたりでいても周りの目を気にする事は変わらなかった。
二人で頑張ろうというより『仲間外れが二人』だった。

二人で歩道橋の上から、ひっきりなしに車の通る下の国道をぼーっと見ていたあのシーン、今でも忘れられない。
でもどちらともなく「死んだらおしまいだよね」って言いだして歩きだした気がする。

今思えば凄く小さい世界の事。

すぐにそいつ等とは一生会わなくなる。
なのにその時は目の前の世界が全てだった。

その後の事は忘れたけど、なんとなくまた彼女たちと話すようになった。
今は年賀状で子供の写真を見るくらい。
不思議ともう一人の仲間外れの子とは連絡とっていない。

オリーブの体験はイジメにしては短く軽い?かもしれないけど、毎朝、教室に入る前の緊張感は、今でも蘇ると嫌悪感がする。
どこにあの子たちがいるか、誰に向かってオハヨウをいおうかとか。
結局、誰にともなくあやふやに目線泳がせてオハヨ〜って言うしかなかった。
大丈夫、私には自分の机という居場所がちゃんとあるんだからと、目的に向かって凛と歩いている振りをした。

やっぱり辛かったな。

はるか昔の話だけど、内容は実は今とそうかわらないじゃない?ね?
昔からあったんだよ。イジメは。
なのに自殺はふえつづけている。

今悩んでる君!いい事を教えてあげよう。
『時』は全てを解決してくれる親切なお掃除屋です。
今は困難な日ばかりに思えても、時が経つと別の世界に身を置ける。

コレ絶対!
だから生きる事から逃げちゃダメ。

近い将来、君は今の君じゃなくなる。
でもね、何もしないでじっと時が経つの待って我慢しているなら、変われないよ。
まずは自分をみつめよう。
何が好き?何したい?死んじゃ勿体ないと思える何かを見つけよう。
ゆっくりでいいから自分を好きになろう。

それには部屋に閉じこもってヒザを抱えていたら無理。
本を読み、絵を観て、音楽を聴き、外に出かけ、誰かと会い、自然に触れ、子供と遊び、老人の話を聞き、親に甘えてみよう。
いろいろ食べ、また誰かと話し、自分の事も少し話してみる。
そうしていくうちにボンヤリみえてくる物。
自分を必要とする人がいることに少し気付くはず。イジメの世界以外の世界の方が遥かにデッカイとわかるはず。

自分で動きだしなさい。時はついていきます。時は裏切らない。きっとイジメの世界を昔の事として葬り去る。時は歩き始めた君にやさしいはず。
イジメを我慢するパワーを自分の為のパワーにかえよう。

あいつ等の事を考える時間が勿体ない!その時間を自分探しの時間に変えよう!

頑張らなくていいよ。
ちょっと視点をかえるだけ。
頑張らなくていい。

世界は君の前にちゃんと広がっていてくれるから。

チャオ
posted by オリーブ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために/山脇由貴子
Excerpt: 教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために山脇 由貴子 ポプラ社 2006...
Weblog: Memories of HARADA Family
Tracked: 2007-02-17 15:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。